バーバ作

2020年1月 7日 (火)

昨日 今日

1_20200107152401
昨日はこれだった.サバ缶の あつとろ
ネギとおろし大根を温めて,ヤマイモをかけた.
使ったサバ缶がバジル味だったので味のバランスは悪かった.
味噌煮か水煮を使うべきだったと思う

今朝は貧血気味のジージをいたわってくれて バーバ作.
いつもの素晴らしい出来具合

2_20200107152401

でもね.ベーコンエッグと言いながら単純な目玉になっていたから
ベーコンは??と申し出てこうなったという具合

二人ともどこか何かがこわれたままだ
気をつけて日々を過ごさなくては

2019年12月31日 (火)

バーバ作

大晦日 バーバ作で締めくくり
2020年が良き年、悲しみのない年になることを願いつつ
1日を過ごす

Pc311333


2019年11月30日 (土)

バーバ作

水分補給が必要な方が,自分用に?
クッパの雑炊
昨晩ジージのために用意してくれたものほとんどそのまま

1_20191130134001

ルッコラのサラダは New!
バーバはルッコラを知っていたけど,我が家の食卓に乗るのは初めてのはず.
最近分けてもらっている野菜の中に,入っていた.

ルッコラ:ゴマのような風味と多少の辛み・苦みがあり成長とともに苦みが強くなる。
    栄養素としてはカルシウム・鉄分・ビタミンCが豊富である。
    「キバナ」という和名にもかかわらず、花は白色ないし薄いクリーム色である。 

バーバもゴマの香りが,と強調したが,ジージの鼻には?
レタスなどよりは,味も濃く,個性を感じる素材だ.

材料の入手先が変わると,これまでとは違ったものが得られるので楽しく,
今度は何が来るかなと,楽しみ


今朝も,霜が降りていた.
富士の高嶺は,やはりここから見える限り全身が白く雪に覆われている.
通勤途中の皇帝ダリアの花弁も,急に茶色く変色していた.
明日から12月.時の変化を感じる.
しかし28号の予報は,925hPaのまま.南の海はまだ夏のようだ.

良い週末を

2019年11月21日 (木)

昨日今日

昨日はバーバ作

1_20191121175101

今朝は,昨晩の鍋 その翌朝

2_20191121175101

早咲,無事でよかった おかえり




2019年11月 5日 (火)

バーバ作

昨晩のうちに準備してくれた,バーバ作

1_20191105125001

元は半分残った 丸ごとキャベツ と

2_20191105125001

耐熱容器に,キャベツとチーズをミルフィーユのように積み重ねて,加熱したと.
ケチャップも少し入れたらしいのだが,隠し味になっている位で,感じない
味も目先も変わって,オリジナル料理になった
ありがとう

スクランブルエッグと焼いたベーコンが,バーバ作を強調している.

今朝の室温は15℃.さすがにヒーターにスイッチを入れた.
昨年は1日にスイッチを入れたと書いているので,少しだけ遅れてのオンだったようだ.

2019年10月30日 (水)

温かいもの バーバ作

昨晩も,温かいものをと,メニューが変更になったようだ
その翌朝
今朝は17℃
ヒーターにスイッチを入れそうになる

野菜のたくさん入ったスープにホッと一息
ありがとう

1_20191030131201

背中を丸めて歩きそうになるのを,無理やり延ばして 出かけます

2019年10月22日 (火)

ウドン バーバ作

激しい雨音で目が覚める
先日の台風ほどではないにしろ
裏の小川もまた増水している

ここはまだ良いが,危険な思いをした人たちは雨音だけでもゾッとすることだろう
これは消滅した20号の影響
これから21号が
そのすぐ横には22号の芽が

なんとかしないと

昨晩は暖かい鍋を軽く一杯
最後はウドン
今朝はその続きのバーバ作

1_20191022120501

さすがきれいな盛り付け
いただきます

Takashi いろんな発音が出来るようになったんだね
Kanoもtakashi も日本語がなまるんじゃないかと心配?
日本の将来を支えるためには必要な知恵なんだろうね

2019年10月15日 (火)

バーバ作

昨晩の宴の翌朝

1_20191015121001

ポテトサラダ 枝豆入り,トマト,ブロッコリー,サニーレタス
ピカタ,生姜焼き,ソーセージ,里イモ,キュウリの塩もみ
栗ごはん おつゆ ケール・マンゴー・バナナ他たくさん入ったスムージー
残り物を並べただけ? でも,食べきれないほどの一皿 
それを数えることは,宴の時の反芻 楽しさの繰り返し.

新聞休刊日の朝,テレビのニュースをつけると,泥と溢れた水のことばかり
泥に埋まった食物,樹についたリンゴ,落下したそれもと
どれだけ何がと 数えることはとてもできない 
聞くことがつらいとバーバはスイッチを切った

いつどこで何が,なぜと
いくら考えても答はでない

2019年10月14日 (月)

バーバ作

バーバは(も?)何か頼りになりそうな一品があると,作るのが楽になるようで
残り物一層朝ご飯とか,バラエティーに富んだものが卓上に載るようになる
ジージは何でも結構,作ってもらえれば幸せ

1_20191014122001

昨晩のハンバーグが,今朝の一品
目玉焼に,更にベーコンは載らなかったようだ
のんびりと普通に朝を迎えられることに感謝しよう
すぐその気持ちも忘れてしまうのだが

一昨晩夕刻17時過ぎの光景

2_20191014122101
ほぼ最高水位 このあと更に10cm位は上がったと思う
橋桁に水がぶつかっているのだが,良く溢れなかったものだ

今はまた穏やかに.
あの流れの中,鯉などはどこにいたのだろうか

2019年10月13日 (日)

“非常食”の続き

昨晩の非常食,ほぼそのまま
お汁が新たに加わった

Pa131089

昨日のバーバ,たとえ停電になっても困らないようにと
明るいうちから,いろいろ準備
ご飯も炊いて,おかずも作ってと.

備は十分で,それらが非常食にもならずに済んだのは幸いだった
災害に遭った方々は,非常食どころではなかっただろう

なぜ急に,被災者にならなくてはならないのか その不条理
なぜ病になるのかと,どこか似た心持ちではないだろうか
病はいくらか自分にも責があるだろうが,天災はそこにいること,いたことだけの事由なのだ

何十年に一度の,という言葉も聞き飽きた
千葉ではそれらに短期間に幾度も遭遇している
根本の地球の怒りを鎮めるしかないこと,為政者はいつになったら気づくのか

台風一過の青空 その美しさが被害の大きさを浮き立たせている

より以前の記事一覧